そのドローン、金色の野に降り立つべし

そのドローン、金色の野に降り立つべし

金色の絨毯のような稲穂の上を、ドローンで低空、空撮したい。と、思い立って東北自動車道を福島方面に。途中栃木などの比較的暖かい地域では収穫作業が始まっていました。なんとか収穫前の、一番実がたわわな状態の稲穂を取りたいと北上。福島県の猪苗代湖までクルマを走らせました。

夕日と稲穂

夕日と稲穂

実るほど頭を垂れる稲穂かな

実るほど頭を垂れる稲穂かな

「日本の稲作は、弥生時代からはじまった」と、昔、学校で習いましたが、最新の考古学の研究では、さらに古く縄文時代の晩期、またはそれ以前に日本国内各地に広まったとの説が主流とのことです。縄文時代の晩期というと少なく見積もっても約3,000年前ということですから、日本と深く関わっている伝統的な穀物といえるでしょう。縄文人も食べていたお米を現在の私たちも食しているということに感慨を覚えます。

「日本の稲作は、弥生時代からはじまった」と、昔、学校で習いましたが、最新の考古学の研究では、さらに古く縄文時代の晩期、またはそれ以前に日本国内各地に広まったとの説が主流とのことです。縄文時代の晩期というと少なく見積もっても約3,000年前ということですから、日本と深く関わっている伝統的な穀物といえるでしょう。縄文人も食べていたお米を現在の私たちも食しているということに感慨を覚えます。

噴火しているように見えるのは、磐梯山。坂雲です。この一帯が広大な田んぼで、この時期はいたるところで、黄色の絨毯がみられます。

磐梯山は1888年(明治21年)に大きな水蒸気噴火を起こし、これによって5村11集落が埋没、477人もの人命が奪われたそうです。それから今日現在も、磐梯山は小規模な噴気活動が数カ所で続いています。

噴火しているように見えるのは、磐梯山。坂雲です。この一帯が広大な田んぼで、この時期はいたるところで、黄色の絨毯がみられます。

磐梯山は1888年(明治21年)に大きな水蒸気噴火を起こし、これによって5村11集落が埋没、477人もの人命が奪われたそうです。それから今日現在も、磐梯山は小規模な噴気活動が数カ所で続いています。

4Kドローンで撮った、猪苗代町の稲穂。BGMは、ベートーヴェン 交響曲第6番 田園 第1楽章。

新着記事

What's New!