「Apple TV」を iMac 27インチにつなぐ!!!

「Apple TV」を iMac 27インチにつなぐ!!!

「Apple TV」の「AirPlay」を使えば、「iPad」や「iPhone」の中のコンテンツを、大画面のテレビに表示させることができるが、基本的には「HDMI」端子搭載のテレビ(いわゆる「地デジTV」)がないと使えない。「Apple TV」のためだけに「地デジTV」を購入しようと検討中のひともいるかもしれないが、もし家やオフィスに「iMac 27インチ」があるなら、ちょっとの出費で「Apple TV」を利用できるよい方法がある。

以下の写真は「KANEX XD」というメーカーの「HDMI to MiniDisplayPort Adapter 」(実勢価格1万5480円)。HDMI端子をiMac 27インチモデルの「MiniDisplayポート」に変換するためのものだ。もともとこのアダプターは「PlayStation3」や「XBox360」などのゲーム機器を「iMac27インチ」の外部ディスプレイモードで利用するためのもの。ゲーム機のほかにも、Blu-Ray再生機などのHDMIも「iMac 27インチ」で利用できる。

「iMac 27インチ」を外部ディスプレイモードにするためには、Mac OSで起動した状態から「コマンド+F2」キーを押すと、いったん暗転し、切り替わる。もとのOSに戻すのも同じショートカットキーの組み合わせだ。本来は、MacBook ProやMacBook AIrなどの外部ディスプレイとして、MiniDIsplayポート同士を接続して使うものであるが、この「HDMI to MiniDisplayPort Adapter 」を使うことで、iMacをHDMIモニターとしても使えるようになる。

「iMac 27インチ」を外部ディスプレイモードにするためには、Mac OSで起動した状態から「コマンド+F2」キーを押すと、いったん暗転し、切り替わる。もとのOSに戻すのも同じショートカットキーの組み合わせだ。本来は、MacBook ProやMacBook AIrなどの外部ディスプレイとして、MiniDIsplayポート同士を接続して使うものであるが、この「HDMI to MiniDisplayPort Adapter 」を使うことで、iMacをHDMIモニターとしても使えるようになる。

上記写真は、iMac 27インチモデルの背面ポート群。「Apple TV」からHDMIケーブルで送信される音声データも「MiniDisplayケーブル」に内包されるので、(途中アダプタはかませることになるももの)ケーブル1本で映像と音声を「iMac」に送ることができる。

「Apple TV」は、ホームユースが前提の商品であるが、上記のような方法を使えば「iMac 27インチ」にも映像を映せるし、使い方次第では、会議やプレゼンなどのビジネスにも十分使えるガジェットだ。

しかし筆者の本心としては、
Mac OS の「Front Row」あたりの機能で、AirPlayを利用できるともっと手軽なのだが、それは今後のソフトウェアアップデートに期待しようと思う。

上記写真は、iMac 27インチモデルの背面ポート群。「Apple TV」からHDMIケーブルで送信される音声データも「MiniDisplayケーブル」に内包されるので、(途中アダプタはかませることになるももの)ケーブル1本で映像と音声を「iMac」に送ることができる。

「Apple TV」は、ホームユースが前提の商品であるが、上記のような方法を使えば「iMac 27インチ」にも映像を映せるし、使い方次第では、会議やプレゼンなどのビジネスにも十分使えるガジェットだ。

しかし筆者の本心としては、
Mac OS の「Front Row」あたりの機能で、AirPlayを利用できるともっと手軽なのだが、それは今後のソフトウェアアップデートに期待しようと思う。

新着記事

What's New!