「Apple TV」付属のリモコン(Apple Remote)のペアリングについて

「Apple TV」付属のリモコン(Apple Remote)のペアリングについて

「Apple TV」付属のリモコンは「Apple Remote」と呼ばれ、単品でも購入可能な商品だが、Apple TVの他にも「MacBook Pro」や「iMac」、iPodの「Universal Dock」、さらには「iPod Hi-Fi」などのさまざまなアップル製品をコントロールすることができる。

上の写真は、右側のリモコンが「Apple TV」付属の「Apple Remote(2世代目)」で、左側のものが初代「Apple Remote」。ボタンの配置や数に違いはあるももの、基本的に互換性があり、例えば、初代「Apple Remote」でも「Apple TV」を操作することはできる。

しかし、この「Apple Remote」、非常に軽快かつ直感的に操作できるのだが、コントロールしたいApple製品の近くに別のApple製品があると同時に反応してしまうので、それがネックといえばネックだ。

リモコンの範囲が広いというか、赤外線の出力が強いというか、リモコンの指し示す方向と反対にある「Mac」にも反応してしまうことがある。特に「メニューボタン」操作が、「Mac」で受信されると、いったん作業中の画面が暗転し、「Front Row」が起動していまう。初めて経験すると非常に面食らってしまう。既に「Apple Remote」を所有している人なら、一度くらいは経験しているはずだろう。

そんな「Apple Remote」による「Mac」の不用意な動作を防ぐには、以下の設定が一番手っ取り早い!

しかし、この「Apple Remote」、非常に軽快かつ直感的に操作できるのだが、コントロールしたいApple製品の近くに別のApple製品があると同時に反応してしまうので、それがネックといえばネックだ。

「システム環境設定>セキュリティ」の「一般」なかに、「リモートコントロール赤外線レシーバーを無効にする」という項目があるので、そこをチェックしておけば、あらゆる赤外線リモートコントロールを受け付けなくすることができる。「セキュリティ」の項目にあるというのも、なかなか見つけにくい。

この設定をすれば、その「Mac」において、一切の赤外線コントロールを受け付けなくすることができる。普段「Mac」を「リモコン」で操作することの必要ないユーザーなら、この方法が一番簡単で確実だ。

「システム環境設定>セキュリティ」の「一般」なかに、「リモートコントロール赤外線レシーバーを無効にする」という項目があるので、そこをチェックしておけば、あらゆる赤外線リモートコントロールを受け付けなくすることができる。「セキュリティ」の項目にあるというのも、なかなか見つけにくい。

この設定をすれば、その「Mac」において、一切の赤外線コントロールを受け付けなくすることができる。普段「Mac」を「リモコン」で操作することの必要ないユーザーなら、この方法が一番簡単で確実だ。

もし、その「Mac」もリモコンで操作したい、ということなら、もうひとつ別の「Apple Remote」が必要になる。「Mac」と「Apple TV」の2台のApple製品に対して、2つの「Apple Remote」を用意し、それぞれのリモコンを、それぞれの製品専用として「登録」すれば、誤作動なく操作できる。

その「登録」行為を「ペアリング」と呼ぶのだが、リモコン側の機能としてでなく、受信側(Apple製品機器側)の設定により実現するものなので、影響の受けそうなすべてのApple製品で、その設定を行う必要がある。

もし、その「Mac」もリモコンで操作したい、ということなら、もうひとつ別の「Apple Remote」が必要になる。「Mac」と「Apple TV」の2台のApple製品に対して、2つの「Apple Remote」を用意し、それぞれのリモコンを、それぞれの製品専用として「登録」すれば、誤作動なく操作できる。

その「登録」行為を「ペアリング」と呼ぶのだが、リモコン側の機能としてでなく、受信側(Apple製品機器側)の設定により実現するものなので、影響の受けそうなすべてのApple製品で、その設定を行う必要がある。

受信側が「Mac」なら、前述の「システム環境設定>セキュティ」のなかの「登録」ボタンから。表示される指示にしたがい「Apple Remote」を登録する。

受信側が「Mac」なら、前述の「システム環境設定>セキュティ」のなかの「登録」ボタンから。表示される指示にしたがい「Apple Remote」を登録する。

受信側が「Apple TV」なら、上記の写真にあるように「設定>一般>リモコン」の中にある。それぞれの機器に「Apple Remote」を登録してしまえば、互いのリモコンが干渉しあうことがなくなる。

受信側が「Apple TV」なら、上記の写真にあるように「設定>一般>リモコン」の中にある。それぞれの機器に「Apple Remote」を登録してしまえば、互いのリモコンが干渉しあうことがなくなる。

新着記事

What's New!