AirMacのファームウェアをアップデートすれば、Time CapsuleがiCloudから利用可能に!

AirMacのファームウェアをアップデートすれば、Time CapsuleがiCloudから利用可能に!

AirMacのファームウェアがアップデート! 「AirMacユーティリティ」もアップデートされ、アップルのワイヤレス機器の管理がビジュアライズ化された。しかも、iCloudの技術を使って外出先から自宅の「Time Capsule」のディスクが共有できるようになった。

上の画面は、新しい「AirMacユーティリティ」。複数のAirMac機器とインターネットへの接続の関係性がグラフィカル表示に変更された。

上の画面は、新しい「AirMacユーティリティ」。複数のAirMac機器とインターネットへの接続の関係性がグラフィカル表示に変更された。

入手するにはソフトウェアアップデートから。残念ながら新しい「AirMacユーティリティ」に対応しているのはLionのみ。

入手するにはソフトウェアアップデートから。残念ながら新しい「AirMacユーティリティ」に対応しているのはLionのみ。

上記画面が「AirMacユーティリティ」の新しい設定項目。「どこでも My Mac」の項目が追加された。ここに iCloud で登録している「Apple ID」と「パスワード」を設定しておけば、外出先からファイル共有が利用可能になる。

上記画面が「AirMacユーティリティ」の新しい設定項目。「どこでも My Mac」の項目が追加された。ここに iCloud で登録している「Apple ID」と「パスワード」を設定しておけば、外出先からファイル共有が利用可能になる。

「システム環境設定 > iCloud 」から「どこでも My Mac」を有効にしておく必要がある。

「システム環境設定 > iCloud 」から「どこでも My Mac」を有効にしておく必要がある。

以上の設定が行えば「共有」から「Time Capsule」が表示され、アクセス可能に!


新着記事

What's New!